スポンサーリンク

インフルエンザから体を守る「腺毛運動」とは

インフルエンザ予防

インフルエンザから体を守る「腺毛運動」とは

ウイルスや細菌の感染を防ぐにのに、鼻や喉などの呼吸器の粘膜にある腺毛が重要な役割をしています。

腺毛は直径1/1000ミリの毛で、鼻や喉など粘膜表面に隙間なく生えていて、1秒間に15回くらいの動きで粘液を移動させます。

その粘液にウイルスや細菌をくっつけて外に排除したり、唾液と一緒に飲み込ませて、胃酸で死滅させたりすします。

そのような「腺毛運動」により、ウイルスから防御してくれているのです。