スポンサーリンク

歯磨きがインフルエンザ予防になる?

インフルエンザ予防

歯磨きをするとインフルエンザ予防になるといわれています。

一見、インフルエンザと歯磨きは関係がなさそうですが、いったいどういう関係があるのでしょうか?

インフルエンザ発症と歯磨きの関係を調べる実験で、口腔ケアをしっかりした人とあまり口腔ケアをしていない人と2つに分けたところ、口腔ケアをしっかりした人の方が、インフルエンザの発症が明らかに抑えられたという結果が出ています。

それはなぜかというと、インフルエンザウイルスは、細菌が出すたんぱく質と合うことで、感染しやすくなります。

歯についた、歯石や歯垢を取り除くと、ウイルスや細菌が増殖する酵素を除去することができます。

特に寝ている間は、唾液の分泌が減少し細菌が増えているので、朝起きてすぐの歯磨きが効果を発揮すると言われています。

口の中をきれいにすることは、虫歯予防だけでなく、インフルエンザ予防、ウイルス感染、細菌感染予防にもつながります。




歯科医がおすすめするデンタルリンス