スポンサーリンク

インフルエンザを予防する食品

インフルエンザ予防

インフルエンザやかぜなどの感染症は、免疫機能が低下するとかかりやすくなります。
免疫機能アップのためには、日頃から食事バランスに気を付けることが大切です。

免疫機能を高めて感染症の発症リスクを低減させる食品成分が存在することが、多くの臨床試験などを通じて明らかになっています。

免疫機能を高める栄養素の代表的なものは、ヨーグルトなどのプロバイオティクス、ビタミンA・C・E、D、ミネラルの亜鉛、セレン、納豆などのヌルヌル成分ムチン、海藻に含まれるフコイダンなどです。



納豆などのヌルヌル成分「ムチン」
納豆、オクラ、長いも、大和いも、モロヘイヤ、ツルムラサキ、あしたば、さといも、なめこなど

納豆レシピ☆簡単・人気の納豆料理レシピ

山芋レシピ☆簡単・人気の山芋料理レシピまとめ


ビタミンACE、ミネラル(亜鉛、セレンなど)が免疫力を高める

ビタミンA
レバーや緑黄色野菜(人参、ほうれん草、かぼちゃなど)

人参レシピ☆簡単・人気の人参料理レシピ

ほうれん草レシピ☆人気のほうれん草レシピまとめ

かぼちゃレシピ・クックパッドで人気のかぼちゃレシピ


海藻のヌルヌル成分フコイダン
メカブ、モズク、ワカメ、昆布などの海藻類

海藻レシピ☆インフルエンザ・風邪・花粉症対策に


ヨーグルト
【簡単】ヨーグルトレシピまとめ


ビタミンC
果物やブロッコリーやピーマンなどの野菜

ビタミンE
アーモンドやピーナッツなど

亜鉛
レバーやカキ、ココア、ごま、大豆など

セレン
イワシやカレイなどの魚
コンブ、大豆などに多く含まれます。


魚でビタミンDを摂取

魚を食べ、日光に当たることでもビタミンDは増えるので、適度に日光に当たること。