スポンサーリンク

うがいができない時、代わりになるインフルエンザ予防方法とは

インフルエンザ

うがいができない時、代わりになるインフルエンザ予防方法とは

20分に1度うがいをすると、インフルエンザ予防になると言われていますが、現実的な方法ではありませんよね。

そのような時、うがいの代わりになるおすすめの方法は、20分に一度水を飲むことです。

なぜ水を飲んでインフルエンザ予防になるのかといえば、1つはのどの保湿になるからです。

冬は乾燥しやすくて、乾燥するとのどのウイルスや細菌に対する抵抗力が落ちるので、そこを保湿するといいのです。

2つ目の理由は、のどにウイルスや細菌がついたものを水を飲むことによって胃の中に落とし込むことで、胃酸の酸は非常に強いので、ウイルスや細菌の多くは死滅するのではないかと期待できるからです。

まとめると、20分に一度水を飲むことでなぜインフルエンザ予防になるのか

①喉を潤して保湿することでウイルスに対する抵抗力がアップする

②胃酸によるウイルスの殺菌

水やお茶を常に携帯して、こまめに水分補給しましょう