スポンサーリンク

アルコール消毒液の効果的な使い方とは

インフルエンザ

アルコール消毒液の効果的な使い方とは

手指を消毒するアルコール消毒液はウイルスを死滅させるのに有効です。

べたべたとたっぷり塗ればいいというわけではなく、1、2回のプッシュ回数がベストです。

というのも、アルコール消毒液は100%アルコールではなく、皮膚への刺激を弱めるために水で薄めてあるのです。

水がついた状態では、ウイルスが侵入しやすい状態となっており、濡れたそのままの手でウイルスがついたドアノブや、スイッチなど他の物を触ると、鼻や口の粘膜からウイルスが体内に侵入してしまいます。

アルコール消毒はプッシュ1,2回にして、塗れた手は早く乾かしましょう

アルコール消毒した後、手が濡れたままだと感染のリスクがアップします。