スポンサーリンク

加湿器の間違った使い方はインフルエンザ予防の逆効果になることがある?

インフルエンザ

加湿器を置くことはインフルエンザ対策に有効な方法です。

ただ、間違った使い方で逆効果になってしまうことがあります。

それは、加湿器の掃除をきちんとしていない場合です。

使ったまま、掃除しないでほったらかしにしていると、中にカビが生えて、部屋中にカビをまき散らしている可能性があります。

ひどい場合、加湿器肺といって、汚れた加湿器の水分を吸引することによって発症するアレルギー性の肺炎を発症する場合もあり、注意が必要です。

加湿器は説明書の基準にしたがってお手入れして清潔にして使ってください。

そうすれば、インフルエンザ感染の拡大を防ぐ効果が得られます。

また、加湿器をずっとつけていると、部屋に結露が生じやすくなります。

窓ガラスに水滴がついている場合は、拭き取り、部屋の換気は定期的にしっかりと行いましょう。