Sponsored link





インフルエンザ予防接種

インフルエンザワクチン目的は重症化を防ぐこと インフルエンザワクチンの接種の目的は、あくまで重症化を抑えることです。 100%の感染予防効果を求めてはいけません。 ワクチンを打て

続きを見る

インフルエンザの症状

インフルエンザの症状の特徴 38℃以上の高熱 寒気・震え(特に発熱する直前) 全身倦怠感 頭痛 関節痛 筋肉痛 食欲不振 喉の痛み 咳(出ない場合もある) 鼻水 くしゃみ

続きを見る

手洗い・うがい

インフルエンザ予防のための手洗い・うがい インフルエンザ予防は、ウイルスが体内に侵入しないように防ぐことが大切です。 外出後の手洗い・うがいは、手やのどについたウイルスを取り除くのに有

続きを見る

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザの潜伏期間 インフルエンザの潜伏期間は1~2日と非常に短かく、一般的な風邪と比べて「高熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、全身倦怠感、食欲不振」など全身症状が強いのが特徴です。

続きを見る

インフルエンザA型・B型・C型

インフルエンザA型 インフルエンザウイルスには大きく分けて、A、B、Cの3つの型があり、毎年流行を繰り返すごとに変異株がでています。 毎年流行を起こすのはA型とB型で、特にA型は感染力が強

続きを見る

インフルエンザ感染と発症

インフルエンザに感染しても発症しない場合がある? インフルエンザが発症するしないは、個人の免疫力に依存します。 インフルエンザウイルスが体内に入った時、免疫との戦いになるが、免疫がウイ

続きを見る

インフルエンザウイルスの生存期間

インフルエンザウイルスの生存期間 インフルエンザウイルスが感染力を維持する時間は ・紙や布の上・・・8~12時間 ・金属やプラスチック・・・24~48時間 と長時間生き続け

続きを見る

インフルエンザ予防~手で顔を触らない

インフルエンザ予防~手で顔を触らない インフルエンザウイルスは手や傷口から体の中に侵入し感染するわけではなく、ウイルスのついた手で口や鼻の粘膜に触れることによって、体の中にウイルスが入り感染

続きを見る

インフルエンザ消毒液

インフルエンザ消毒液 手指の消毒は、エタノールやベンザルコニウムなどのアルコール類が配合されいるものが有効とされています。 アルコール性手指消毒液は、アルコールが揮発する際にウイルスを

続きを見る

インフルエンザに負けない免疫力を高める方法

インフルエンザに負けない抵抗力をつけよう 免疫力を高める方法 ・適度な運動をする  適度な運動は、血の巡りや、リンパの流がよくなることで免疫力アップにつながります。   ・早

続きを見る






Sponsored link











Sponsored link



influenza_1
インフルエンザの症状チェックシート

〇インフルエンザの症状チェックシート 最重要ポイント

influenza_42
インフルエンザと風邪の違い比較表

インフルエンザと風邪の違い比較表

influenza_28
インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路 インフルエンザは咳、くしゃみ、せき

gum
ガムを噛むことがインフルエンザ予防になる理由

ガムを噛むことがインフルエンザ予防になる理由 インフルエンザ

influenza_26
インフルエンザワクチンを打ってもインフルエンザに感染する場合があるのはなぜ?

インフルエンザワクチンを打ってもインフルエンザに感染する場合がある

→もっと見る

PAGE TOP ↑