インフルエンザの歴史

Sponsored link






紀元前412年の古代ギリシャ

「医学の父」と呼ばれたヒポクラテスは、すでにインフルエンザと思われる病気の大流行について記録していました。

ヒポクラテスは様々な病気について研究し、医学を教えたり、薬や治療法を考えた医者で、医学を原始的な迷信や呪術から切り離し、臨床と観察を重んじる科学的に病気やけがの治療を行うことを考えた最初の人物といわれています。

また、古代エジプトや古代ギリシアの時代にインフルエンザらしき流行性疾患の記録があります。

日本では、平安時代の「増鏡」(1329年)に『今年はいかなるにか、しはぶきやみはやりて人多く失せたまうなかに…』とインフルエンザの流行を思われる記述があります。



Sponsored link




関連記事

influenza_5

熱を下げる方法は?~インフルエンザQ&A

インフルエンザQ&A 熱を下げる方法は? 熱が出るのは、ウイルスを処理する為に戦っている

記事を読む

influenza_42

インフルエンザと風邪の違い比較表

インフルエンザと風邪の違い比較表

記事を読む

influenza_28

感染しても発症しない場合がある?~インフルエンザQ&A

インフルエンザQ&A 感染しても発症しない場合がある? インフルエンザが発症するしな

記事を読む

influenza_26

インフルエンザワクチンを打ってもインフルエンザに感染する場合があるのはなぜ?

インフルエンザワクチンを打ってもインフルエンザに感染する場合があるのはなぜ? ワクチンを打

記事を読む

infuruenza07_a_01

どうしてインフルエンザは急激に症状が悪化するの?

インフルエンザの症状は、急に38℃以上の高熱が出る、全身筋肉痛、関節痛など、全身の症状が突然強く

記事を読む

influenza_28

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザの潜伏期間 インフルエンザの潜伏期間は1~2日と非常に短かく、一般的な風邪と比べ

記事を読む

gum

ガムを噛むことがインフルエンザ予防になる理由

ガムを噛むことがインフルエンザ予防になる理由 インフルエンザや風邪の予防にはガムを噛むこと

記事を読む

influenza_13

インフルエンザの症状

インフルエンザの症状の特徴 38℃以上の高熱 寒気・震え(特に発熱する直前) 全身倦怠感

記事を読む

hospital2

イナビル

イナビル (第一三共) ・吸入薬 ・回数 1回 ・成人および10歳以上は4

記事を読む

influenza_7

解熱剤

解熱剤 発熱した時、つい手元にある解熱剤を飲んでしまいがちだけど大丈夫なのでしょうか・・・

記事を読む







Sponsored link



influenza_1
インフルエンザの症状チェックシート

〇インフルエンザの症状チェックシート 最重要ポイント

influenza_42
インフルエンザと風邪の違い比較表

インフルエンザと風邪の違い比較表

influenza_28
インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路 インフルエンザは咳、くしゃみ、せき

gum
ガムを噛むことがインフルエンザ予防になる理由

ガムを噛むことがインフルエンザ予防になる理由 インフルエンザ

influenza_26
インフルエンザワクチンを打ってもインフルエンザに感染する場合があるのはなぜ?

インフルエンザワクチンを打ってもインフルエンザに感染する場合がある

→もっと見る

PAGE TOP ↑